歯科助手のお仕事

こんにちは。歯科助手の山下です。

今回は、歯科助手のお仕事についてお話ししたいと思います。

 

まず、歯科助手のメインとなっている仕事は、ドクターの治療の「アシスト」や「バキューム」です。

アシストとは、治療に必要な器具等を渡したり、受け取ったりする作業、

バキュームとは、治療中に機械から出てくる水や口の中の唾液を掃除機のようなもので吸う作業です。

ただ吸うだけではなく、患者様の頬や唇、舌を吸わないように気をつけながらバキュームを行っています。

 

上記以外にも歯科助手のお仕事は色々ありますので、ご紹介させていただきます。

 

【治療準備】

治療内容に沿って、器具や薬品などの準備を行います。

患者様ごとに使用する器具も様々ですので、ドクターの指示に従って準備をしていきます。

治療に使用する器具や薬品などは数えきれない程あります。

 

【CT・レントゲン準備】

虫歯や歯茎、骨の状態を確認するために、CTやレントゲン撮影を行う場合があります。

患者様を撮影室にご案内したり、必要な器材の準備をします。

 

【血圧・酸素飽和度測定】

外科処置をする場合、患者様の体調を伺いし、血圧と血液中の酸素濃度を測定していきます。

 

【消毒・滅菌】

治療が終わった後は、使用した器具の滅菌作業を行います。

当院では、最も滅菌ランクの高いクラスB滅菌器を採用しておりますので、安心して治療を受けて頂くことができます。

そして治療が終わった後のチェアーの消毒です。

新型コロナウイルス感染防止対策強化の一環として、患者様が安心してご来院し治療を受けていただけるよう、最新の注意を払いながら消毒・滅菌を徹底して行っています。

以上が歯科助手のお仕事のご紹介です。


覚える事も多いので大変ですが、患者様が長期間の治療を終えてご自身の歯を鏡で見て笑顔になって下さると私達助手も嬉しく思います。歯科助手のお仕事していてやり甲斐を実感しています。

常日頃から、患者様が治療をされる際に少しでも不安無く治療をして頂ける様、私達助手もスムーズにドクターが治療出来るように頑張っています(^.^)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。