舌清掃について

こんにちは!
歯科衛生士の岶尾です。

今回は舌清掃の大切さについてお伝えします。

普段、歯磨きのあと、舌の汚れもお掃除していますか??

舌の上に白く付着している汚れ(舌苔)は、様々な細菌や、食べ物のカスが溜まったものです。

 

この舌苔を放置していると以下のようなトラブルを引き起こします。

口臭

舌苔に含まれる細菌が嫌な臭いを発生させます。

味を感じにくくなる

舌苔が分厚くなると味覚を感じるセンサーが覆われてしまうため、味を感じにくくなります。

誤嚥性肺炎のリスクが高まる

舌の上に溜まった細菌が、唾液や食べ物と一緒に誤って肺に入ってしまうと肺炎を起こすリスクが高まります。

舌苔ができる原因

舌苔ができやすくなる原因に以下のものがあげられます。

・口呼吸

・喫煙

・ストレス

・舌の筋力の低下

 

できてしまった舌苔はうがいだけでは落とすことはできません。

1日1回優しく撫でるように清掃を行ってください。

ハブラシで除去する場合は、やわらかいハブラシで奥から手前に向かってやさしく動かすようにしましょう。

かためのハブラシでは、粘膜を傷つけてしまう可能性がありますので、舌専用ブラシ等で除去するようにしてください。

 

毎日のハミガキをしっかり行い、舌も磨いて清潔に保つように心がけてくださいね!!

関連記事

  1. コロナもツライが花粉症もつらい。

  2. お口の渇き気になりませんか?

  3. 磨いてる?磨けてる?

  4. 口臭の種類を知ろう!

  5. うがい薬が変わりました

  6. お口の細菌をへらして免疫力UP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。