お口の渇き気になりませんか?

こんにちは。歯科衛生士の宇野です。近頃寒くなってきて乾燥が気になる季節になりました。今回は口腔乾燥についてです。

口腔乾燥とは          ソース画像を表示

唾液の分泌が低下して、お口の中が乾いた状態のことをさします。

症状

口の中のネバつきやヒリヒリ感、歯垢の増加、口臭などが現れます。重度の症状としては舌表面のひび割れ、痛みで食事がしづらい、話しづらいなどの症状も現れます。

自分であてはまる項目がないかセルフチェックしてみましょう

・口の渇きが3ヶ月以上毎日続いてる

・乾いた食品を飲み込む際にしばしば水が必要になる

・口の中がネバネバして話しにくい

・口腔内の粘膜が乾燥していていつもよりプラークや食べ物がたまる

・虫歯や口内炎が増えた

以上ようなの症状が当てはまる方は一度、歯科医師や歯科衛生士にご相談ください。

当院では実際に乾燥具合を調べる機械を導入しております。数値によっての改善方法などをご提案させていただきますので

お気軽にお声かけください。

ソース画像を表示

 

関連記事

  1. 歯科訪問診療のご紹介

  2. 口腔用ティッシュをご存知ですか?

  3. 訪問歯科コーディネーターの仕事

  4. うがい薬が変わりました

  5. お口の細菌をへらして免疫力UP

  6. 80歳になっても20本以上自分の歯を保とう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。