入れ歯のお手入れ

こんにちは!訪問コーディネーターの小坂井です。

今回は、『入れ歯』の洗浄についてお話させていただきます。

高齢になればご自身の歯を失い、入れ歯を使用する方が増えます。

患者様のご自宅や施設、病院等に訪問歯科診療に行った際、衛生士さんが口腔内のケアを行っている間、患者様が普段使用されている入れ歯の洗浄を行うのも私たちコーディネーターの仕事の一部です。

 

プラークは入れ歯にも付着する

毎日ハミガキをしないと、プラークと呼ばれる細菌の塊が歯に付着したままになり、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

このプラークはご自身の歯だけではなく、『入れ歯』にも付着します。

入れ歯にプラークや食べカスがついたままにしておくと、口臭の原因になったり、カビの一種であるカンジダによる感染や口内炎を起こすリスクが高まるのです。

 

入れ歯を清潔に保っておくことは、口腔内だけではなく全身の健康のためにとても大切なことなのです。

 

入れ歯の洗浄

入れ歯なんて、洗浄剤につけておけば大丈夫なんじゃないの?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、それだけでは、入れ歯についた細かな汚れは取りきれません。

また入れ歯を洗浄する際、歯磨き粉を使用すると、研磨剤の成分により入れ歯の表面を傷つけてしまう可能性があるため、普段使用されているハブラシや入れ歯専用のブラシ、そして専用の洗浄フォーム等を使用して細かな汚れを落とします。

その際、特にバネの部分には汚れが溜まりやすくなっていますので、入念な洗浄が必要です。

洗い流す際、温かいお湯や熱湯などを使用すると変形してしまいますので、必ず冷たい水で洗い流します。

入れ歯の素材は、衝撃に弱く落としてしまうと割れてしまう可能性がありますので、しっかり手でつかみながら落とさないように作業を行います。

 

入れ歯は乾燥してしまうと割れやすくなるため、使用しないときは水若しくは、洗浄液に浸した状態で保管します。

 

入れ歯はお口に入れるものであり、清潔に保たないと全身への健康被害につながる恐れがあります。ご家族で入れ歯を使用されている方がいらっしゃいましたら是非入れ歯のお手入れについて見直してみてはいかがでしょうか?入れ歯を清潔にし、口腔内を清潔に保つようにしましょう!

 

 

 

 

関連記事

  1. 訪問歯科診療で出来ること

  2. 歯科訪問診療のご紹介

  3. 訪問歯科コーディネーターの仕事

  4. 口から食べることは生きる喜び 嚥下検査と訓練

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。