小さな虫歯の治療

こんにちは歯科医師の高村です。

今回は小さな虫歯の治療について、ご説明させていただきます。

 

虫歯のレベル

まず虫歯のレベルには、C1~C4まで5段階あります。

【C1】表面の虫歯

症状:痛みはないですが、まれに甘いものを食べた時にしみることがあります。

状態:歯の表面のエナメル質が溶かされ、穴が開いている状態です。

治療:虫歯になっている部分を最小限削り、小さな詰め物を入れます。

【C2】神経に近い虫歯

症状:甘いものや冷たいものでしみることがあります。

状態:虫歯が歯の表面のエナメル質と中の象牙質まで達している状態で、黒くなっているため、見た目で虫歯だとわかります。

治療:基本的には簡単な詰め物ですが、場所によっては、型どりをしてから詰め物をします。

【C3】神経まで達した虫歯

症状:何もしなくてもズキズキと痛みがあります。

状態:虫歯が、神経まで達しており、炎症が起きている状態です。

治療:歯の神経の治療をする必要があり、炎症が軽度であれば、薬で抑えます。治まらなければ、神経を取る治療を行い、その後被せ物を入れます。

【C4】末期の虫歯

症状:神経が壊死している場合は痛みを感じません。

状態:虫歯によって歯冠がなくなり、歯の根っこだけになっている状態です。

治療:治療が可能であれば、C3と同様の治療を行いますが、症状によっては、抜歯をしなければならない場合があります。

 

小さな虫歯の治療

 

今回ご紹介させていただくのは、C1、2レベルの小さな虫歯が出来た時の治療についてです。

虫歯治療の大まかな流れとして、虫歯の部分を削り取り、穴が空いた部分に歯の代わりになるものを入れます。

 

この歯の代わりになるものの一つとしてCRがあります。

(虫歯が出来た場所によっては、CR治療ではなく、詰め物になる場合もあります。)

CRとはコンポジットレジンの略で、歯の色に似た歯科用プラスチックのことです。

 

ペースト状になっておりますので、歯を削った部分に入れて、形を整え光照射で硬化させます。

 

この治療は保険診療内の治療でありその日に虫歯の治療が終わる治療法です。

 

小さな虫歯は痛みがないので、気づかない場合が多く痛みが出て初めて歯科医院を受診される患者様が多く感じます。痛みが出てる場合はそれだけ虫歯が深く、そして最悪の場合歯を抜くことにもなってしまうのです。虫歯の治療は早期に発見し早期に治療した方が時間も費用も少なくすみますので、定期的な歯科検診を行い小さい段階で虫歯を発見するように試みましょう。

 

当医院は皆さんの歯をできる限り残すよう日々精進しているのでお口の中で何か気になることがあれば是非ご来院して下さい!

関連記事

  1. 訪問歯科コーディネーターの仕事

  2. 磨いてる?磨けてる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。