早期発見、早めの受診を


みなさん、こんにちは。

歯科衛生士の笹田です。

3年程続いた新型コロナウィルス感染症ですが5月8日より2類→5類に以降となり、長かったマスク生活が緩和されました。

しかし、小池歯科では患者様に安心してご来院いただくため、引き続き検温、治療前のガラガラうがい、院内では消毒、滅菌、オゾンでの空気清浄、朝、昼と床の消毒、私たちも防護服の着用、ゴーグル、フェイスシールド使用と換気を続けております!

コロナウィルス拡大を理由に定期検診から足が遠のいてしまい、しばらく歯医者に行っていない方も多いのではないでしょうか。

気づかないうちに虫歯や、歯周病が進行してしまっているかもしれません。

虫歯=痛みではない

虫歯になっていても、初期の虫歯は痛みがでないため、ご自身では気づかないことが多いです。

痛みがではじめた頃にはすでに虫歯がかなり進行していることがありますので、是非歯医者さんに行って早めの治療を心がけてください。

【過去ブログ】小さな虫歯の治療

https://koike-shika.net/虫歯/988.html

歯周病の悪化

歯周病は、細菌感染によって引き起こされる病気で、お口の中にたまっている歯周病菌が繁殖し、歯や歯茎、骨にダメージをあたえます。

こちらも初期症状が全くないため、気づかないことが多いです。

【過去ブログ】歯周病で認知症が発症.悪化

https://koike-shika.net/歯周病/581.html


早期発見が大切です。

最近、歯医者さんに行ってないと思われる方は是非いらしてくださいね。お待ちしています!

関連記事

  1. コロナもツライが花粉症もつらい。

  2. 詰め物とれちゃった

  3. 歯周病で認知症が発症・悪化

  4. 歯と歯の間にできた虫歯の治療

  5. 小さな虫歯の治療

  6. 訪問歯科コーディネーターの仕事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。